演劇

演劇部 2018雄飛祭公演メイキング②

2018/7/20

 1学期の終業式は明日ですが、生徒の気分は、もう休日練習モード。今日は自宅学習日なので、午前中いっぱい立ち稽古です。このタイミングで、毎回メディアルームにこもるのが音響スタッフ。今回は、曲はもちろん「ペンがこすれる音」など、細かい芝居にかかわる効果音が求められているので、音探しに懸命です。

高1チーフより

「今は、お芝居の後半で場面を一気に明るくするための曲探しをしています。前回キャストだった時、音響から提示された曲を聴いて、場面の雰囲気をキャスト間で一気に共有できたことがありました。今回も、同じように演出を助ける音作りをしたいです。曲は膨大にあるので、候補を絞り込むのが大変ですが、頑張ります。」

 中2部員より

「春に続き、音響担当です。今回の音響では経験者が私だけなので、まだ中2ですが、知っていることはどんどん伝えて役立ちたいです。音源サイトでは、作曲者が曲につけたキーワードと、私が受けたイメージが違うことがよくあります。その曲を実際に使ったらお客さんにはどう聞こえるんだろうと、音のイメージの違いや操作を考えるのが楽しいです。」

 

音響探しの原案メモ。書き出したキーワードから、音源サイト巡りをします。

  「この場面、この曲ではどうでしょう」「こちらのサイトにもいいのがあるよ」

Return to Top ▲Return to Top ▲