演劇

演劇部 2017雄飛祭公演メイキング⑥

2017/8/7

 8月に入り、練習は通し稽古の段階に進みました。

 今回は2回に分けて キャストを紹介しします。

 今回の舞台は主に喫茶店。こちらは、そこの常連客で、皆を見守る役割です。ふだんは基礎練チーフとして、筋トレ・発声を仕切ってくれています。

「20代後半の設定で、親世代・子供世代、どの役ともいい距離感をもって仲良い雰囲気を出したいです。ずっと出ている役ではないので、手が空くとスタッフも手伝っています。高2として目配り広くとりくみたいです。」

 次は主役に大きな影響を与える2人。左は主役と同級生の男子役。中3女子がショートカットでがんばっています。

「ヒロインの荒ぶる心を静める、おおらかな高校生男子の役ですが、心は中3乙女なので、難しいです。ふだんは自主練していることが多いので、集中力を維持するのが課題です。ヒロインとからむ大事な場面がまだ練習不足なので、これからもっと力を入れていきたいです。」

 右は話のキーパーソンとなる女子高生役。ふだんは、こまめに下級生の指導をしてくれる頼もしい高2です。

「私の役は二面性を持っていて…それ以上はネタばれになるので言いません!ぜひ、舞台を見に来てください。通し稽古をして感じたのは、演技に力が入りすぎると素人っぽくなること。もっと肩の力を抜いて、役と同化した『あかぬけた』演技にしたいです。あとは高2として、目につく限り下級生にだめ出しを頑張っています。」

Return to Top ▲Return to Top ▲