演劇

演劇部 2017雄飛祭公演メイキング④

2017/7/14

 前回に続き、活動紹介です。

 演劇部の活動は、ふだん小講堂で行われますが、この時期、メディアルームに入り浸りになる部員がいます。 音響担当です。演出の要望にそった曲や効果音の音源探しは、仕事の第一歩。

 今回の音響は、多くが初担当、または1年生部員なので、前回の音響がアドバイス役として付いています。

「体験入部したとき、先輩の声の迫力と声質に感動して、入部を決めました。音響を扱うのは初めてで、音源を一つ一つ探していくのは大変ですが、どんな音がいいか、試行錯誤するのはとても楽しいです。自分が選んだ音が、舞台をより良くできると思うと、やりがいを感じています。部員全員で、この作品に打ち込んでいます。ぜひ観に来て下さい!」(高1)

「新入部員の私に、先輩が色々なことを教えて下さるので、この部に入ってよかったと思います。仕事も文化祭も初めてだらけですが、まずは音響の仕事をがんばります」(中1)

 

Return to Top ▲Return to Top ▲