演劇

演劇部 春公演 本番

2017/4/18

 4月15日、演劇部春公演「Zeit」(ツァイト)が本番を迎えました。

ご来場いただいた保護者・関係者の皆様、ありがとうございました。

人々の営みを見守ってきた「時間」の化身が、

愛娘を亡くして時を止めた両親のもとに、少女の姿をとって現れるというファンタジックな話を

どのように分かりやすく観客に伝えるか、

スタッフもキャストもギリギリまで悩みどおしでした。

本番では、おかげさまで多くの温かい拍手をいただくことができました。

また、今回は高3部員の最後の公演でもあります。

毎度のことですが、入部したばかりと思っていた部員が引退を迎えると

今回の芝居にあったセリフ「人は自分の歴史は自分で紡ぐもの」という思いが深まります。

舞台にも、部員にも惜しみなく拍手を下さった皆様に、部員にかわりまして御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 月曜日からは高2による新体制が始まります。

 新入部員が加わり、また文化祭公演に向けて進みたいと思います。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲