科学同好会

科学同好会 レゴ班活動紹介

2018/9/20

私たち、科学同好会は、実験班とレゴ班の2つのグループで活動しています。2つのグループに分かれてはいますが、活動日・活動時間・活動場所も一緒なので、いつも一緒に混ざって活動しています。

今回は、レゴ班の活動について紹介したいと思います。レゴ班は、LEGOブロックを用いて、モジュールというモーターやギアなどで動くカラクリ装置を作っています。単なるカラクリではなく、LEGOの純正部品のみで作った永久ループの電動式ピタゴラ装置と思っていただけると、イメージしやすいと思います。

これらのカラクリ装置をつなげていき、順繰りにレゴボール(LEGOの純正ボール)を送っていくのです。たくさんのモジュールをつなげてレゴボールを運んでいく装置群をGBC(Great Ball Contraption)といって、世界的な大会も開かれています。

レゴ班では、このGBCを作って文化祭で実演しています。

Return to Top ▲Return to Top ▲