Shuei通信

演劇部 2018雄飛祭公演メイキング①

2018/7/13

 期末考査のテスト返却もすみ、夏休みが目前に迫りました。

これから 公演に向けた練習が本格化します。

 今年の雄飛祭公演は「トワイライト」、今回も生徒による脚本です。

 演出チームの抱負をご紹介します。

高2部長より

「今までの舞台は『感動するいい話』を目標に作ってきました。今回は『誰か一緒にいてくれたら、悩みもつらいことも楽しいことに変えていける』ということを伝えたいです。 部長としては、部員たちが、本番だけでなく、練習の最初から最後まで今までで一番楽しいと思いながら作る舞台にしたいと思っています。私たちが楽しんでいる見えない空気が、お客様も『つられて楽しくなってきた』と感じていただくことを目指してがんばります。」

高1より

「今回の目的は、キャスト一人一人の考えや個性を引き出すことです。前回、演出をしても、伝える言葉が抽象的で、うまく伝わりきらないことがありました。今度は、その人に適切な言葉を見つけて、うまく伝えたいです。」

中3の新米演出より

「初めて演出担当に入ります。不安はありますが、前回キャストになったときに受けたアドバイスを思い出し、

作品がより良いものになるよう、頑張りたいです。」

雄飛祭は、今年9月7日(金)・8日(土)です。公演本番まで、実は2ヶ月をきっています。

また、練習の様子をご紹介してまいります。

Return to Top ▲Return to Top ▲