Shuei通信

中3 防災・減災講座

2017/10/10

10月4日(水)に中3対象の防災・減災講座を行いました。

千葉市役所総務局防災対策課の方にお越しいただき、千葉の防災と、「自助、公助、共助」と「減災」について話をしていただきました。

【生徒感想】

私の家は周りに同年代の友達がいないこともあり、近所づきあいが全然ありません。そのため、今回の講座で阪神大震災の時に自力または近所の人に救助された人が98%だという事実を知って、災害が起きたときに自分は危険かも知れないと思いました。また、防災に対して無関心すぎることがわかったので、これからは関心を持とうと思います。

5年前ぐらいに災害対策で水などの食料品の備蓄をしていたが、最近家の10年点検をしたときに、ペットボトルが割れて漏れていることなどに気付いた。今回講座を聞いたことにより、日常の中で少し多めに購入したり、減ったりした分を補充するという「ローリングストック」という方法を知った。これからは備蓄して倉庫などに保管しておくのでは無く、日常的に使いながら防災対策をしようと思った。

今まで東日本大震災について、特に被害の大きかった東北地方などの話しかニュースや講演会などで聞く機会がなかったが、今回視野を千葉に絞った映像を見たことで、身近な危険に気づけた。また、東日本大震災の時には中学生が小学生やお年寄りを誘導して避難したという話を聞いて、いざとなったら自分もそういう自覚を持てるのか、少し心配になった。

Return to Top ▲Return to Top ▲