Shuei通信

中3理科Ⅰ実験 中和反応

2017/2/20

 秀英校舎中央棟には各階に理科分野の実験室があります。先日ご紹介した理科2の実験は4階生物実験室で。こちらの実験は2階の総合実験室で行われました。

今回は酸性の水溶液とアルカリ性の水溶液をまぜあわせたときに起こる、それぞれの性質を打ち消し合う中和反応をみる理科Ⅰ実験です。

水酸化ナトリウム水溶液に塩酸を加えました。透明です。何性か予想します。結果はフェノールフタレイン溶液を数滴いれると分かります。次に再び透明になるまで塩酸を少しずつ加えます。
目の防護グラスをかけて実験を行っています。塩酸を1滴加えるたびにかき混ぜて色を確かめます。
赤色が消えたら水溶液の一部をスライドガラスにとり、顕微鏡でみてみます。先生が「この班の結晶はいいねえ」と褒めると、ほかの班員が「見せて見せて」と寄ってきました。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲