Shuei通信

中1ビブリオバトル 決戦!小講堂

2018/11/5

10月中、ずっと続けてきたビブリオバトル。

はじめは全員が班でバトル、そこで決まった班の代表がクラスでバトル、そして今日、とうとう最後のバトルです。

クラス代表5人が、全学年生徒と職員を前に、小講堂で競います。

司会を始め、進行は全て学級役員が行います。見事時間通りに始まり、時間通りに終了。

それぞれの役割をてきぱきこなし、機転もきかせてがんばりました。

 

紹介された本は次の5冊です。

吉田桃子『ラブリィ!』

会場を楽しく元気に盛り上げます!

 

C.S.ルイス『THE LION, THE WITCH AND THE WARDROPE(ライオンと魔女と大きなたんす)』

物語の深さをわかりやすく、丁寧に。

 

藤まる『時給三〇〇円の死神』

聴衆をしっかり巻き込んで堂々と。

 

重松清『きみの友だち』

身近な問題にも鋭く切り込みます。

 

上橋菜穂子『獣の奏者』

作品世界の魅力を熱く語ります!

それぞれのクラス代表の熱弁に耳を傾け、一番読みたい本「チャンプ本」を選びます。

審判を任されました。熱心に聞き入ります。

 

注目の結果は次のようになりました。

 

職員投票によるチャンプ本

『獣の奏者』

全学年生徒投票によるチャンプ本

『時給三〇〇円の神様』

 

発表者のみなさん、学級役員の皆さん、すばらしい時間をありがとうございました!

Return to Top ▲Return to Top ▲