Shuei通信

中2理科第2分野 ブタの目の解剖

2018/10/10

 中2は理科第2分野で人体の感覚器官についての学習を終えました。今回はヒトの眼球のつくりにも比較的近い,ブタの眼球の解剖することで,目のつくりを確かめました。

 眼球を配布すると見つめられている感じがするので,「きゃ~!」と悲鳴を上げる生徒もいましたが,眼球のまわりの肉をはがすと,抵抗感がなくなるのか,苦手な人でも解剖を進めることができました。

 眼球を輪切りにして水晶体(レンズ)をきれいに取り出し,プリントの文字を見ると「すごーい!」と歓声があがりました。この感動の声を聴くと,授業者としてはとてもうれしい気持ちになります。 

 動物の学習も後半を迎え,解剖の機会も残すところ少なくなってきましたが,実物を見て,理解するというのを大切にしてほしいなあと思います。

  

     目は口ほどにものを言う。       資料をじっくり観察

  

 眼球と視神経だけにする。         眼球を前半球と後半球に切り離す。

  

  シャーレに移された水晶体        水晶体はレンズだ!        

 

 

 

 

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲