Shuei通信

体験をあらたなステップに

2018/9/5

中2総合学習は「夏休み挑戦プロジェクト」と題して、生徒の個々の興味関心に従い、自力で学校外の講座やイベントを探し、学び体験をするというものでした。

体験報告はそれぞれレポートにまとめ、本日の総合学習の時程で、その発表を行いました。

新聞記者の職業体験をした生徒は、「話す」こと以上に「聞く」態度は大切であると教わり、記者の「分からないことを放っておかない」という言葉が印象に残りました、と発表しました。

地学分野の講座に出た生徒は作成した粒度表の説明をしました。実験したことは高度で難しいものであったが、観察して絵にすること、記録することは普段の授業での実験と変わらないという気付きがあったようです。基礎的な活動なくして応用はないことを学んだのでしょう。

 雄飛祭の中2学年展示教室ではこの夏の成果をはじめ、日頃の学習の様子も披露されます。中央棟4階です。

どうぞお越しください。

発表順は先生によるガラガラで。

Return to Top ▲Return to Top ▲