学校行事School events

人間力を高める「豊かな心の育成」

学校生活のすべてが、心の成長を促します。

豊かな心の育成

学校生活のすべてに真剣に取り組んでこそ、毎日はより充実したものになります。

だから、秀英では、学習だけでなく、部活動や同好会活動、学校行事への積極的な参加を奨励しています。

多くの仲間と触れ合い、同じ目標に向かって共に邁進する中で、人間力を高めることができます。そして、何ごとにも全力を尽くすことによって、将来、豊かな人生を築く礎となる明るい心も育まれます。毎日を大切に丁寧に過ごす習慣を、秀英で身につけることができます。

年間行事

4月Apr
  • 第一学期始業式
  • 入学式
  • 保護者会
  • 新入生歓迎会
  • 芸術鑑賞教室
5月May
  • 進路ガイダンス(高3)
  • 中間考査
  • 修学旅行(中3・高2)
  • 林間学校(中1・高1)
  • 校外教育(中2)
  • 高校模試
6月Jun
  • 体育祭
  • 歌舞伎鑑賞教室(中3)
  • 文楽鑑賞教室(高1)
  • 能楽鑑賞教室(高2)
  • 校内実力テスト(高2・3)
7月Jul
  • 期末考査
  • 第一学期終業式
  • 夏期講習
  • 海外語学研修・アメリカ(高1)
8月Aug
  • 夏期講習
  • 海外語学研修・アメリカ(高1)
9月Sep
  • 第二学期始業式
  • 雄飛祭(文化祭)
  • 高3模試
  • 基礎学力テスト(中学)
10月Oct
  • 文化講演会
  • 高校模試
  • 中間考査
  • 保護者会
  • 読書週間
  • 芸術鑑賞教室
11月Nov
  • 三者面談(高3)
  • 二者面談(中学、高1・2)
  • 中学模試
  • 校内実力テスト(高1・3)
  • センター入試プレテスト(高2・3)
12月Dec
  • 中学校第1回入試
  • 期末考査
  • 高校進学適性検査(中3)
  • 第二学期終業式
  • 冬期講習
1月Jan
  • 冬期講習
  • 第三学期始業式
  • 直前講座
  • 高校前期選抜入試
  • 中学校第2回入試
  • 高1・2模試
  • 基礎学力テスト(中学)
2月Feb
  • 高校後期選抜入試
  • 保護者会
  • 校内実力テスト(高1・2)
  • 百人一首大会
  • 中学校第3回入試
  • 大学別対策講座
  • 中学模試
  • 中学校合唱コンクール
3月Mar
  • 卒業式
  • 期末考査
  • 中学校修了式
  • 終業式
  • 春期講習

4月 芸術鑑賞教室

質の高い芸術に触れることを目的に全学年対象で年2回実施。中学3年~高校2年は国立劇場等で伝統芸能鑑賞教室も行っています。

閉じる

5月 修学旅行(九州)

高校2年で実施。長崎では被爆者の方の講話を聞き、原爆資料館を見学。テーマ別研修、班別研修、太宰府天満宮の参拝等をします。

閉じる

6月 体育祭

体育活動の成果を、様々な競技や種目で発表します。中学生と高校生が、隔たりなく一緒に楽しむ姿は、秀英ならではの特色です。

T.M

体育祭実行委員長

毎年6月に開催される体育祭は、中高全生徒が紅白2つに分かれて、熱くぶつかり合い盛り上がる、そんなスポーツイベントとなっています。学年別ダンスや秀英独自の3種類のリレー、その他ユニークな競技がたくさんあります。特に高1男子による「エッサッサ」は、秀英伝統の力強さが感じられ、体育祭の一番の見どころとなっています。学力向上だけでなく、体力や精神的にも成長できるような行事となっているので、自分の理想としている人間像をつくり上げるためにも欠かせない大切なイベントとなっています。仲間と一致団結し、その中で自分の持っている力を存分に発揮できる最高の時間があるというところが、秀英らしさ溢れる良いところだと思います。

閉じる

7月 海外語学研修(高1)

内進生を中心とした約120人が夏休み2週間半程度、アメリカ・ワシントン州スポケーンでホームステイ。異文化を肌で感じます。

M.M

海外語学研修

自分とは異なる言語、そして価値観を持つ人々との生活は、新鮮で驚くようなことばかりでした。今まで勉強の一環だった英語が初めて「言葉」になったということに感動し、その反面、自分は英語という「言葉」をまだまだ理解できていないことに気づかされました。さらに、アメリカでの生活を通してアメリカの文化だけでなく、日本の文化の良さも見えてくるようになりました。
「言葉」の大切さ、アメリカと日本の文化のそれぞれの良さに気づかされた、とても貴重な経験でした。

閉じる

9月 雄飛祭(文化祭)

部活動の日頃の成果、各クラスの個性を存分に発揮する、最も秀英らしさに満ちた2日間となる「雄飛祭」。生徒が主体となって運営します。

M.T

雄飛祭実行委員長

毎年9月に行われる恒例行事、「雄飛祭」。秀英では、各クラス、各団体が一致団結し、生徒が主体となって運営します。僕は「雄飛祭」に向けて準備をしていく過程が、とても大切だと思っています。各クラスや各団体は、同じ目標に向けて、一丸になって取り組みますが、時には仲間とぶつかることもあります。そのたびにコミュニケーションをとり、理解し合い、一歩一歩進んでいきます。こうした中で、仲間との絆は深まり、自分自身の感性も磨かれていきます。勉強だけでは体験できないことを教えてくれる雄飛祭。全校生徒の思い出に残る、秀英ならではの重要なイベントだと感じています。

閉じる

10月 文化講演会

各界の第一線で活躍する方を招いて毎年開催しています。生徒一人ひとりの視野を広げるとともに、志を高く持つ機会となっています。

閉じる

2月 百人一首大会

中学1年から高校2年の各クラス対抗で実施。下級生が上級生に勝つこともしばしばです。生徒会・国語係など、生徒も大会運営に参加します。

閉じる

2月 中学校合唱コンクール

クラスが一つになって取り組みます。合唱の美しさとともに、“精一杯努力した”という達成感を全員で共有できる、またとない機会です。

閉じる

着々と伸ばす、秀英の6年間

授業構成

豊かな心の育成

生徒主体の「あいさつ運動」

一日の始まりを“より清々しく”するために、生徒が主体となって「あいさつ運動」を行っています。あいさつの大切さを実感するきっかけを生徒がつくり出し、実践しています。

多彩に取り組む「福祉教育および福祉活動」

障がい者施設への訪問ボランティア、東日本大震災・ユニセフへの義援金、赤い羽根の共同募金など、厚生委員を中心に全校生徒が福祉活動に取り組んでいます。

通学路もきれいに「清掃活動」

気持ちよく清潔な学校生活が送れるよう、清掃活動を日々積極的に行っています。教室や校庭だけでなく通学路も清掃し、地域の方との交流も大切にしています。

将来のヒントになる「文化講演会」

社会の第一線で活躍している著名な文化人を招いて毎年開催しています。将来の進路や生き方のヒントに触れる、絶好の機会となっています。

  過去の「文化講演会」講師の方々
2015年 但木 敬一 氏【元検事総長】
2014年 藤崎 一郎 氏【前駐米大使】
2013年 山崎 直子 氏【宇宙飛行士】
2012年 姜 尚中 氏【政治学者】
2011年 秋山 仁 氏【数学者・理学博士】
2010年 澤地 久枝 氏【作家】
2009年 鳥越 俊太郎 氏【ニュースキャスター】
2008年 ピーター・フランクル 氏【数学者】
2007年 野口 健 氏【アルピニスト】
2006年 田原 総一朗 氏【評論家・ジャーナリスト】
Return to Top ▲Return to Top ▲