進学実績Results of university examinations

確実に成果を上げている進学実績

伸びている国公立大学、難関私大への現役合格者数

3つの柱のもと、「真の学力」を育成し、高い現役合格率を実現。

2016年度入試の現役合格者数は、京都大、大阪大、一橋大、東工大をはじめとする国公立が64人、早慶上智ICU・東京理科大などの難関私立が263人、MARCHが313人でした。
秀英が、年々着実に進学実績を伸ばし、県内トップレベルの難関大学現役合格率をキープしている理由。それは、「質の高い授業」「きめ細やかな進路指導」「豊かな心の育成」という3つの実践目標を柱に、真の学力を育成するという、きわめて当たり前のことに真摯に取り組んでいるからに他なりません。
秀英では、中高一貫生も、高校入学生も、確実に自らの成長を実感できるので、未来の可能性を大きく広げていくことができます。だから、生徒たちは卒業時に、心から「秀英生でよかった!」と言って巣立っていくのです。

第一志望への現役進学のために妥協しない志を育てる
進路指導部長<br>山下 肇

進路指導部長
山下 肇

難関大合格に必要な、圧倒的な基礎力は6ヵ年、3ヵ年の中の前半で確かなものになります。すると臆せずに次の一歩を踏み出す力が育ちます。自らの意志で可能性を広げようとする姿は、後輩たちにとって最も説得力のある励ましになります。
世界をリードできる人材育成のために、研究者や職業人を招いた講演会、難関大進学に向けての小グループでのOB座談会や大学見学会には、積極的な参加が見られます。
朝自習の習慣や、部活以外の様々な活動を通じて、ともに目標を実現しようとするクラスのまとまりが結果につながります。
大学進学は、一つの通過点にすぎません。しっかりした軸を持った人間として、人生をチャンスに満ちた場にするために、秀英の中学・高校生活が待っています。

難関大学現役合格率は、県内トップレベル

高い目標に向かうチャレンジ精神を育成。

真の学力育成に加え、将来に向けた明確な目標設定を様々な機会を通じて行っていることも、県内トップレベルの現役合格率につながっています。大学だけでなく、その先を見つめることでチャレンジ精神を育て、それがより高い目標を実現する力強い原動力となっています。

難関大学現役合格率

過去5年間の現役合格者数(のべ数)の推移

過去3年間の大学合格者数( )内は現役

国公立大学 2016 2015 2014
東京 1 3(1) 5(3)
京都 3(3) 2(2)  
一橋 3(1)   3(3)
東京工業 2(2) 3(2) 9(8)
北海道 4(2) 1 3(2)
東北 8(7) 3(2) 3
名古屋 1 1(1) 2(2)
大阪 2(2)   1
九州 1(1) 3(2)  
筑波 6(5) 6(4) 9(6)
千葉 21(17) 31(28) 24(19)
お茶の水女子 4(4) 3(3) 2(2)
東京医科歯科 2(2) 2(2) 2(2)
東京外国語 3(3) 4(4) 9(7)
首都大学東京 5(4) 4(3) 1(1)
横浜国立 5(5) 2(2) 3(3)
その他の国公立 15(6) 29(19) 13(11)
省庁大学校 4(2) 2(2) 4(1)
小計 90(66) 99(77) 93(70)
私立大学 2016 2015 2014
慶應義塾 51(42) 38(29) 41(30)
早稲田 116(105) 93(81) 83(70)
上智 54(47) 53(50) 47(38)
東京理科 97(68) 100(67) 102(79)
国際基督教 1(1)   2(2)
明治 148(118) 137(120) 86(63)
青山学院 36(29) 33(32) 41(32)
立教 98(84) 80(71) 77(63)
中央 41(34) 34(28) 28(21)
法政 70(48) 74(60) 64(36)
学習院 26(24) 20(16) 23(15)
津田塾 4(3) 11(11) 5(2)
東京女子 19(18) 40(39) 14(11)
日本女子 31(29) 48(47) 27(21)
小計 792(650) 761(651) 640(483)
合計 882(716) 860(728) 733(553)
大学指定校推薦枠(2016年入試実例)

慶應義塾大学/早稲田大学/上智大学/東京理科大学/明治大学/青山学院大学/立教大学/ 中央大学/ 法政大学/学習院大学/津田塾大学/東京女子大学/東京歯科大学/東京薬科大学/東邦大学/北里大学/明治薬科大学/昭和大学/他
4年制大学88 + 短期大学9合計97校

卒業生の声

高い目標に向き合い未来を拓いています

お茶の水女子大学

教育学部 1年 平成27年度卒業生/中高一貫生

私は秀英のあたたかい雰囲気が大好きです。中学、高校ともに明るく和気藹々としていて、文化祭などの行事にも準備の段階から皆で熱心に取り組みます。勉強面では地道にコツコツと努力を重ねる生徒が多く、私も良い影響を受けました。部活は先輩と後輩の関係が良好で、私の所属していた吹奏楽部の部員も中高を越えて仲が良く、練習が大変な時期でも楽しく活動しています。吹奏楽部の活動は割と忙しく、勉強時間を多く確保することはあまりできませんでした。しかし、先生方の理解しやすい授業を受けて課題をこなすことで、基礎から知識を固めることができました。そして、そのことが高校での学びにおいても非常に役立ちました。高校生になると進路について本格的に考え始めます。自分で進路を決める際には不安や悩みが生じます。そんな時、先生方は一人ひとりに親身になって一緒に解決策を考えてくださいます。また、秀英は大学入試直前までのサポートが充実しています。目標に近づくためには、まず自分から動き出すことが前提になります。辛く苦しいこともありますが、一歩でも踏み出せば先生方が丁寧に対応してくださいます。私は実際に先生方の補習や過去問の添削から、本番で勝つために必要な力を沢山いただきました。秀英で過ごした6年間があったからこそ、私は目標を達成できたのだと思います。支えてくれた全ての方に本当に感謝しています。皆さんも秀英で自身の目標への第一歩を踏み出してみてください!

東京工業大学

第5類 1年 平成27年度卒業生/中高一貫生

僕は秀英に入ってから6年間、一度も塾や予備校に通うことなく受験を終えました。周りの人たちが予備校に通い始めても焦らなかったのには2つの理由があります。一つ目は、部活動を最後まで頑張った人が最終的に受験でも勝つ、ということを中学の頃から先生方に言われてきたからです。そしてもう一つは、学校の勉強をしっかりとこなして基礎学力を身につけておけば、部活引退後にいくらでも学力は伸びると考えていたからです。僕は6年間剣道部に所属していて、中1の時は全然実力がなかったのですが、最後には個人戦で県大会に出場することができました。この努力はかなりの自信になり、勝負の場で自分の実力を出し切る気持ちの作り方も身につけることができて、受験で大いに役立ちました。このように、秀英では部活動と勉強を両立できる環境がとてもよく整っています。
また、秀英の先生方は親身になって生徒をサポートしてくれます。例えば、テストに向けた学習計画を立てる段階から面倒を見てくれます。これによって、自分で学習計画を立てる習慣がつき、より効率的に学習できるようになります。また、どの先生も生徒からの質問に丁寧に答えてくださり、とても助かります。
やはり、受験で成功するには、部活動に本気で取り組んで何度も困難を乗り越えることと、素晴らしい先生たちと一緒に意欲的に学習する姿勢を身につけることが必要だと思います。秀英は、そのような環境が整っていて素晴らしい学校です。

早稲田大学

法学部 1年 平成27年度卒業生/高校入学生

私は、3年間野球部で部活を続けて第一志望に合格することができました。充実した高校生活を送れたのは秀英のおかげだと思います。そこで、秀英の良い点を書いていきたいと思います。まず、文武両道を最後まで貫けるところです。私は、部活を続けながらも勉強の時間を確保できました。部活動、受験ともに本気でやることができます。部活動の先生方には本当にお世話になり、とても大切なことを学べました。学んだことは、これからの人生に活きてくるはずです。次に、学習環境が良いところです。秀英の先生は、素晴らしい先生が大勢います。授業は内容が濃く、分からなかったら気軽に質問に行くことができました。また、受験資料や自習できる場所もそろっています。私は、3年間皆勤で、長期休みもほぼ毎日のように学校に行きました。学校に行くことで勉強が習慣化されました。最後に私が最も秀英に入って良かったと思えたことは、最高の仲間と出会えたことです。部活の仲間やクラスメイトは、一生仲良くしていきたいと思える人ばかりでした。部活では一つの目標に向かってともに汗を流し、受験期のときも、お互いに高め合える仲間がいました。そんな仲間と過ごした3年間は、私の中でとても大きな思い出となっています。
最高の高校生活を送ることができたので、本当に秀英に入ることができて良かったです。

一橋大学

商学部 1年 平成27年度卒業生/中高一貫生

秀英は設備が整い、図書館や放課後の教室などの学習環境にも恵まれています。また、周りの人の勉強への意識も高く、とても良い影響を受けました。朝や放課後の講習も充実しており自分のレベルや目的に合わせて自由に受けることができ、塾に行かなくても、発展的な内容まで学習することができました。また、中学の時から学校で模試を受けることができ、自分がどれくらい理解できているかが分かり、モチベーションを保つことができました。勉強で分からないことがあった時には、先生方が長時間の質問にも丁寧に答えてくださり、不安を一掃することができました。進路指導室には赤本もたくさんあり、自分の使いたい時に使えて、とても便利でした。また、受験の資料など受験情報も豊富で定期的に受験についての講演会などもあり、とても参考になりました。私は中学から高校までの6年間、吹奏楽部に所属していました。仲間と支え合ったこの6年間は本当に宝物です。楽しい時も辛い時も、ともに過ごした仲間がいたので、苦しい受験勉強も無事に乗り越えることができました。学校では宿泊学習や体育祭、雄飛祭など様々な行事があり、クラスの友達と団結できる貴重な時間となりました。秀英で過ごした6年間では、仲間とともに助け合いながら進み、そしてお互いに成長し、本当にたくさんの思い出ができました。優しい先輩、先生方にも恵まれ、秀英で6年間過ごすことができて、本当に良かったです。

Return to Top ▲Return to Top ▲